ブログ

一般社団法人と株式会社の比較

一般社団法人と株式会社の比較】

    「営利」か「非営利」か?

一般社団法人と株式会社の違いの最大のものは、

一般社団法人が、「非営利」活動であり、

株式会社が「営利」活動であるということです。

ここでいう「営利」とは株式会社では株主、一般社団法人では社員への利益の分配を意味します。

言い換えると、一般社団法人は利益分配しない組織(団体)のことです。(この点はNPO法人と同じです)

一般社団法人でいう「非営利」とは、事業で利益を出してはいけないということではなく、事業で利益を出してもかまわないが、「分配してはいけない」ということなのです。

株式会社の場合は、売上から経費(給与等人件費も経費です)を差し引いて利益が出ると、それを出資者(株主)に配当という形で分配することができます。

つまり会社が儲かれば利益が配当されるので株主は、儲けることができるのです。

これを法律上では「営利」と呼びます。

一般社団法人が「非営利」法人ということは、売上から経費(給与等人件費も経費です)を差し引いて利益が出ても、出資者(正会員等)や寄付をして下さった方に分配することができません。つまり配当金を出すことができないのです。

利益として余ったお金は、翌年度の活動のために繰越します。
「利益が出たら会員に還元するのではなく、次年度以降にさらに活動を大きくする為に使いましょう。」というのが非営利法人なのです。

    設立費用

自分で設立した場合を想定して費用を確認します。
☑一般社団法人:約11万円

(内訳)
定款認証時:約5万円
登録免許税:6万円

☑株式会社:約24万円

(内訳)
定款認証時:約5万円
収入印紙:4万円
登録免許税:15万円

    設立期間

それぞれの準備度合いによっても違うので一概に言えませんが、

一般社団法人、株式会社共に:2~4週間

上記は一般的な内容です。

あなたの活動内容をお聞かせいただければ、

あなたに適した法人格のアドバイスをさせていただきます。

法人格を何にしようかお悩みの方は、

まずは、初回無料相談にお申し込みください。

関連記事

  1. 一般社団法人とは|一般社団法人に関するよくある11の質問
  2. 一般社団法人の事業目的を作る上での注意事項
  3. 一般社団法人を設立前に考えておくべきビジネスモデルの5つのステッ…
  4. 一般社団法人の設立要件
  5. 一般社団法人設立時に名称を決めるときの注意点
  6. 一般社団法人とNPO法人の比較
  7. 一般社団法人と一般財団法人の違い
  8. 一般社団法人設立時に必要な費用

初回無料相談

最近の記事

PAGE TOP